2007年10月16日

ウェスティン・モアナ・サーフライダー

ご存知でしたか?


ハワイ・ワイキキで1901年創業の歴史ある老舗ホテル、
あの、シェラトン・モアナ・サーフライダーが、
今年6月1日からウェスティン・モアナ・サーフライダー
として生まれ変わったんです。


ウェスティンというブランドになることで、
宿泊をより快適にする
ウェスティンオリジナルのヘブンリーベッドを導入しました。


その名のとおりまさに「天国のようなベッド」、
極上の眠りを体感できるベッドです。


快適すぎて朝起きれるか心配です・・・。


また、ご宿泊客の皆様には、無料にてフラダンスやレイ作りの
レッスンや改装中も人気の歴史探訪ツアーが開催されています。


歴史探訪ツアーは、ホテルの歴史を綴ったビデオを鑑賞したり
歴史家による説明を聞いたあと、
客室や館内を見学しながらその歴史にふれる約1時間のツアーです。


約100年の歴史あるホテルならではサービスです。


自分の泊まるホテルの歴史を勉強できるのって、
なかなかないですよね♪


ツアーは残念ながら英語です・・・。

でも、コンシェルジュ・デスクにて
日本語のパンフレットが用意されているそうなので、
英語の勉強もかねて参加するっていうのもいいですよね。


また、このホテルの代表的なレストラン
バニヤンベランダ」が10月まで改装のため
一時閉店となっています。


・・・ということはも少ししたら新レストラン誕生!!ってこ
とです。

今年の冬にハワイに行かれる方、期待大ですね。

posted by モトハチ at 10:45| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ハワイアナ・ホテル

ワイキキの玄関口、カラカウア通りに建つビル「ANAカラカウア・センター」を右折すると、そこは、高層ホテルが建ち並ぶワイキキとは全く違う、静かでどこか懐かしさを感じる「ビーチ・ウォーク通り」。

ここに、オアフ島で最もハワイらしく、ハワイアン・ホスピタリティあふれるプチホテル『ハワイアナ・ホテル』があります。

nCAiEze.jpg

1階に滞在するゲストは、部屋のドアを開けたまま、外のテーブルで歓談などにひたってます。

プールでは、ビーチベッドでのんびり読書をする人や水遊びを楽しむ子供達。

ワイキキの喧騒とは別世界。開放的でゆったりとした時間が流れています。

まさにワイキキの隠れ家といっていいでしょう。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

posted by モトハチ at 20:39| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンバサダー・ホテル・オブ・ワイキキの感想

アンバサダーホテルオブワイキキはクヒオ通りの西の端近くに位置するホテルです。

AoT_[.jpg

といってもワイキキ中心部、例えばDFSには徒歩10分たらずで行くことができるので特に問題はないでしょう。

ホテルの1階部分にはコンビニもありますし、すぐ近くにabcストアもあります。

ここもツアーなんかではお値段重視、とされているホテルですが、なかなか快適でした。

建物は古いですが安くて、清潔、値段の割にはお得だと思います。

ただ、ホテルも周辺もリゾートっぽさはないため、その雰囲気を求める場合はちょっと物足りないかもしれません。 フロントにはだいたいいつも日系人の方がいるので、英語が心配な方でも大丈夫だと思います。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る


posted by モトハチ at 20:23| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W ホテル ホノルル ダイヤモンドヘッドの感想

Wホテルはワイキキにあるたくさんのホテルとはまったく趣きが異なります。照明を落とし、エキゾチックなオブジェなどが置かれたバリ風のロビーに一歩足を踏み入れただけで、自分が今ハワイにいることを忘れてしまいそうになります。

W ze zm _Chwbh.jpg

どこか、知らない外国へ迷い込んだかのようでした。

従業員はとてもフレンドリー。

これはやっぱりハワイのせいでしょうか。

でも、とても洗練されていて、このホテルで働いていることを誇りに思っているように見えました。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

続きを読む
posted by モトハチ at 20:14| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェラトン・ワイキキホテルの感想

シェラトン・ワイキキホテルはワイキキの中心にあり、客室数1700を誇る超巨大ホテルです。

VFgECLLze.jpg

日本からのツアーなどでも良く使われるため、宿泊客は日本人がものすごく多いです。

ほとんど日本にいる気さえしてきます。

新婚旅行っぽいカップル、団体旅行、ファミリー、とあらゆる一般的な日本人観光客の姿を見かけました。

ここのホテルの最大の売りといえば、やっぱり部屋からの景色。

オン・ザ・ビーチのため、窓からは一面の海を 見渡すことができます。

また、ダイヤモンドヘッド側の部屋であればハワイのパンフレットにもよく使われる海とダイヤモンドヘッドの絶景が楽しめます。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

続きを読む
posted by モトハチ at 20:01| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

シェラトン・モアナ・サーフライダーの感想

シェラトン・モアナ・サーフライダーは「ワイキキのファーストレディー」と呼ばれるコロニアル風の外観が目を惹く高級ホテル。

VFgEAiT[tC_[.jpg

ワイキキのど真ん中、カラカウア通り沿いにある真っ白な建物はワイキキに来れば一度は目にしているはず。

日本人宿泊客もとても多く、ロビーではここで結婚式を挙げたカップルを何組も見かけます。

宿泊したのはカラカウア通り側の部屋だったので海は見えませんでしたが、通りのにぎやかな様子が見渡せるのもなかなかよかったです。

ベッドカバーはハワイアンキルトで雰囲気たっぷり。

でも、部屋もバスルームも思ったより狭かったし、古い感じでした。アメニティセットにアロエジェルが付いてるのは気が利いてます。

夜はコンチネンタル料理の「シップスターバン」で食事をしました。

ウェイターに「クーポンは?」と聞かれ私たちは個人旅行だったので持ってないです、と答えたら意外そうな顔をしていました。

クーポンを使用する日本人の方が多いんでしょうね。

また、目の前がワイキキビーチの「ザ・ビーチバー」でトロピカルなカクテルを飲んだのはとても雰囲気があってよかったです。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

 

posted by モトハチ at 19:44| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロイヤルハワイアン感想

ワイキキの中心に位置しながら、カラカウア通りから少し奥にあるので、緑に囲まれて静かな環境でした。

CnCA.jpg

まるでマウイ島やカウアイ島にあるホテルのよう。

パーキングはバレーパーキングで、荷物運びや車庫入れもやってくれ、ホテルに着くと煩わしいことは何もすることはない。

私の宿泊した部屋は、本館4階のガーデンスイート。

広さは100uある。本館は歴史ある建物で、同じ部屋は二つと無いと言われるほど様々なタイプの部屋があるのが特徴。

ゴールドメンバーということで4階の402号室、ガーデンビューだが、パーシャルで海が見える部屋になった。

30畳以上あるリビングルーム。ダイニングテーブル・椅子のセット、長いソファに小さいソファ2脚の応接セットのコーナー、机と椅子、ミニキッチン、トイレがある。

エキストラベッド2台に、ソファベッド1台を使うと、ベッドが3台になる。

隣のベッドルーム。通常のツインタイプの部屋。ドレッサーやバスルームがある。

ピンクのリネンに花柄のベッドカバー。いかにも米国。

また是非泊まってみたい。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る


posted by モトハチ at 19:34| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ カハラ ホテル&リゾート感想

閑静なカハラ地区に位置する、ザ カハラ ホテル&リゾートです。

ワイキキから車で10分ほどの距離でありながら、ゆったりくつろぐのに絶好のロケーションとなっています。

U Jn ze][g.jpg


空港からは車で30分ぐらい。私はレンタカーを借りて向かいました。

レンタカー屋さんでもらった簡単な地図を片手に出発し、無事フリーウェイを降りたところまではよかったのですが、そこからは特にホテルの案内も出ていなくてウロウロ。ウロウロ。なかなか辿りつかない。

こんなに有名なホテルなのだから近くまで行けば表示ぐらいはあるだろうと簡単に考えていたのですが、初めて行く人にはちょっと分かりづらい場所にあります。

何とか高級住宅街が続くカハラ・アベニューまでたどり着き、そのまま走り続けると、突き当たりにやっとホテルが現れました。

広いロータリーのような雰囲気の正面玄関に到着。ほとんどの人が車で来られてます。

そこで車を預けて、いよいよロビーへ。

ホテル滞在中、大半の時間を過ごしたプールサイド。
このデッキチェアーがまた最高なのです。

どこのホテルのチェアよりもふわふわで気持ちがいいです。
いつもは椅子の上にタオルをひいて寝転んでいたのですが、カハラでは「チェアー用のカバー」までその都度用意されています。こういう細やかな心遣いがさすがだなぁ。思いがけず嬉しい。

「ホテルでずっと過ごしていたくなる」。

評判どおり5つ☆のホテル。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

posted by モトハチ at 19:06| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハレクラニ2

ワイキキの一等地に位置する5つ星ホテルで、ハワイを代表するホテルでもあります。ハレクラニとはハワイ語で「天国に近い家」という意味だそうです。

nNj2.jpg

100年以上も昔に、ある夫婦が自分達の家をゲストハウスとして提供し、そこでのもてなしが大変評判がよく、ハレクラニという名前で呼ばれるようになりました。

数度の増改築を繰り返し、現在はホテルオークラグループの系列になっていますが、ハレクラニ特有のサービスを損なうことなく、お互いの利点を活かした素晴らしいホテルになっていると思います。
 
外観は白い壁にこげ茶色の屋根がついていて、中庭とプールを抱え込むような形の複数の建物があり、近代的な高層ビルとは言えない外観をしています。内部は植民地風で、高い天井と籐家具のソファ、芝生とハイビスカスの中庭に吹き抜け(天井だけでなく、通路が多いという意味で)を多用した、リゾートホテルの趣があります。
 
客室の大半が海側で、ホテルには小さいながらプライベート・ビーチがあり、ダイアモンド・ヘッドや美しい夕焼けを楽しむことができます。海に面した庭にある、大きな蘭が描かれた青いプールは、ハレクラニの象徴の一部として有名です。
 
宿泊料金は、平均して1泊5万円強(ツイン、食事無しで2人)とかなり高額なため、ハネムーンや高額ツアー商品でよく使われています。

最近ではホテル滞在パッケージで企画されていますので、時期を選べば割安に宿泊することができます。
 

ハレクラニはリピーターが多いとききます。その理由は、肩肘を張るような高級さでなく、細かいところまで行き届いたサービスと設備にあるのではないでしょうか。部屋のメンテナンスは一日2回ありますし、部屋の備品の多さと家具の使い勝手のよさは、ホテルというより自分の家にいるようなくつろぎを味わうことができます。客室の作り自体もリゾートマンションのようです。
 
建物が海に向かっているため、大通りの喧燥にわずらわされることなく、美しい海と庭を眺めながら、ラナイでお昼寝などと楽しむことができるのは少ないのではないでしょうか。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る



ラベル:ハレクラニ
posted by モトハチ at 18:48| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハレクラニ

ハワイ語で「天国の館」という意味の名を冠したハレクラニ

その名のとおり「もてなしの心」を信条に、親切なスタッフが最高のホスピタリティでサービスを提供。

白を基調にした、シンプルながら高級感漂う広々とした室内でくつろぐ時間は、まさに至福のひととき。ワイキキの中心に近い便利な場所にありながら、敷地内に一歩入ると落ち着いたゆるやかな時が流れている。

究極のリラクゼーションを満喫できる「スパハレクラニ」もオープン。道路を隔てた向かいには姉妹ホテルの「ワイキキ・パーク・ホテル」がある。

ハレクラニ
開業:1932年  改装:2002年
クラス: ★★★★★  客室数:455室
チェックイン:15:00 / チェックアウト:12:00
住所:2199 Kalia Rd., Honolulu, HI 96815
電話:(808)923-2311 FAX:(808)926-8004

ハワイに魅せられてのトップページに戻る


ラベル:ハレクラニ
posted by モトハチ at 18:04| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。