2007年07月26日

W ホテル ホノルル ダイヤモンドヘッドの感想

Wホテルはワイキキにあるたくさんのホテルとはまったく趣きが異なります。照明を落とし、エキゾチックなオブジェなどが置かれたバリ風のロビーに一歩足を踏み入れただけで、自分が今ハワイにいることを忘れてしまいそうになります。

W ze zm _Chwbh.jpg

どこか、知らない外国へ迷い込んだかのようでした。

従業員はとてもフレンドリー。

これはやっぱりハワイのせいでしょうか。

でも、とても洗練されていて、このホテルで働いていることを誇りに思っているように見えました。

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

部屋は白を基調とした洗練された空間、家具はダークブラウンの質のよいものでまとめられています。

Wze.jpg

シンプルで、都会的、まるでニューヨークに来たかの様な錯覚に陥ります。

1999年にニューオープンしただけあって、バスルームもとても広くて快適。

かごなどを随所に使い、都会的なバリ風といったところでしょうか。

あと、とても気に入ったのが、このホテルのアメニティはAVEDAなんです。

AVEDAはアラモアナS.C.にも支店があるアメリカの自然派化粧品ブランド。

ハーブの香りにつつまれて快適なバスタイムが送れます。

また、部屋にはオリジナルのCDやWホテルのグッズが置いてあり、買うこともできます。

とても大満足でした。

posted by モトハチ at 20:14| ハワイ(オアフ)のホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。