2007年07月25日

ハナウマベイ

ワイキキから車でおよそ30分。ココヘッドの先にある大きな入り江が絶好のシュノーケリングスポットとして知られるハナウマ ベイです。

青く澄み切った海、大きく弧を描いた白い砂浜、美しい珊瑚礁、そして波打ち際まで泳いでくるほどのたくさんの魚…。カラフルな熱帯魚と一緒に泳げるハナウマ ベイはオアフでも1、2位を争う人気のビーチですが、正式名称は。つまりここは自然保護区になっており、美しい海や自然、そしてここで暮らす多数の生物たちを守るために、一般のビーチより更に厳密ないくつかの規制が設けらた海洋公園なのです。

niE}xC.jpg

ハワイに魅せられてのトップページに戻る

まず一番大きな違いは、湾内の清掃および環境保護のための休園日があるということ。現在は毎週火曜日が終日閉鎖され一般客は入場できません。また、悪天候などにより突然クローズされる場合もあるので十分にご注意を。そしてひとり$3(12歳以下の子供とハワイ州居住者は無料)の入園料も必要となります。開園時間は6時から18時(夏は19時)まで。およそ300台収容の駐車場がありますが、朝9時前後にはほとんど満車状態になってしまうことが多いので、レンタカーで行くならできるだけ朝早く出かけましょう。入園料を払うゲートの窓口も10時過ぎには行列ができ始めます。ちなみに駐車料金は1日$1、15分以内なら返金してもらえます。

ワイキキからザ・バスで行く場合は22番、または58番を利用します。ハナウマ ベイ入口まで行く22番の方がぐんと便利ですが、本数は少なく、またかなりの混雑を覚悟しなくてはなりません。タクシーはワイキキから$25程度、ただし帰りのタクシーはなかなか見つからない可能性大。来たタクシーに時間を指定して迎えに来てもらいましょう。トロリーも停車しますが、ここでは降車できません。という訳で大人気のスポットでありながらアクセスはイマイチといった感じがしないでもないのですが、ちょっと大変でも行く価値は大アリなのでなんとかがんばって行ってみてください。

入園料を払いゲートをくぐると、目の前がビーチ…ではありません。真っ青な海はまだまだ遥か下。でも上から見渡すハナウマ ベイもすっごく綺麗。きらめく青い海に期待は高まります。そしてけっこうきつい坂道をトコトコ下って行くとやっと待ちに待った美しいビーチに到着。ゲートとビーチ間を往復するトラム(楽チンなバスです)も8時〜17時まで運行しているので坂道がきつい人は利用してみては。料金は上り$1、下り50¢。

ビーチレンタルのブースは坂道を下りきったところにあります。ハナウマ ベイではやっぱりシュノーケルははずせません。セットで借りても$6(デポジットとしてクレジットカードなどが必要)。ぜひぜひ人なつこい魚たちと一緒にシュノーケリングを楽しんでみてください。ただし、1999年11月1日より魚への餌付けは全面禁止となりました。これもやはりこの美しい環境を守るためにとられた措置です。このほかにも、水溶性サンオイルの使用禁止、禁酒・禁煙、砂・珊瑚・貝殻等の持出し禁止など、環境保護のために定められたさまざまな規則は、その意味を十分に理解してくれぐれも守っていきましょうネ。

ビーチにはスナックショップやシャワー、トイレ、更衣スペースなどが完備され、ライフガードも常駐しています。湾内は岩礁の手前なら波も穏やかで初心者でも安心してシュノーケリングを楽しめますが、岩礁から外は水深も深く潮の流れや波の影響も大きくなり危険も伴ってきます。レベルに応じてけっして無理をせずに魚たちとの遊泳を楽しみましょう。

最後に知る人ぞ知るとっておきの人気スポットを2つご紹介。ビーチに沿って左へひたすら進むとあらわれるゲート。ここを超えさらに波打ち際の岩場を歩くこと約15分で小さな天然プール「トイレットボール-Toilet Bowl」に辿り着きます。波の影響で水位が1メートル以上も大きく変わることからこの名前が付けられたとか。周辺の岩場はとても滑りやすいのでくれぐれもご注意を。履物は必需品です。また海が荒れている時はビーチのゲートがクローズされることもあります。そして、大きくカーブした湾を挟みトイレットボールと反対側にあるもうひとつの人気スポットが「ウィッチーズブルー-Witces Brew」。ここは海流の作用でいつもゴミが漂っている一角で、このゴミの下を好んで泳ぐ大型の魚がいるそうです。ビーチを右に進み、ゲートを抜けて岩場を行くと5分足らずで到着します。やはり滑りやすいのでご用心。こちらのゲートも海の状態が悪い時はクローズされてしまいます。

シュノーケリングに夢中になっているとあっという間に時間がたってしまうもの。でもウエットスーツなしで長時間水に入っていると、想像以上に体が冷え体力も消耗してしまいます。風が強いことも多く、水温もさほど高くないので、特にお子さんの体調にはくれぐれも気をつけくてあげてください。ビーチは東向き。3〜4時を過ぎると場所によっては日が陰り気温も下がり始めます。ハナウマ ベイで遊ぶなら、朝早くから出かけ、あまり遅くならないうちに引き上げるというパターンがおすすめです。

posted by モトハチ at 09:52| オアフ島のビーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。